派遣−エンジニアの種類とその仕事−

派遣情報のお役立ちブックマーク

    派遣−エンジニアの種類とその仕事−

    このホームページは派遣については「超初心者」の為に、基礎知識から上級レベル活用方法について解説するサイトです。
    このサイトを読む事によってい、あなたが派遣を始めるきっかけ作りが出来れば幸いです。よろしくお願いします。
    気になったページをまずはクリック↓↓

    まずはじめに・・・

    大学を選ぶとき、工学部を選んだ人にいい情報なのですが、設計をする基礎さえわかっていれば、工学系のエンジニアでも他へ移ることが可能なことを書いておきます。まず構造計算や力学を勉強して、工学部の建設系などを卒業して社会に出た場合、何となく建設系でも土木の施工管理などを選んでしまい、不景気だし後に引けず困ってしまっている人がいると思います。でも、少し安心してください。私の友人でもう二人ほど、設計でも建設系ではなく、設備や、構造計算(エンジンなど)へと職業を変わった人がいます。
    構造計算や構造力学は、機械工学でも同じようなことを学ぶし、設備などの設計は、CADなどを学んでいれば図面が読めるかどうかなので、施工管理の施工図がCADで書くことができれば、思ったより他業種へ職業を変える事ができるかもしれません。特に橋梁などの構造系を卒業論文で描いている人は、機械工学の応力計算も橋梁の応力計算とフックの法則は変わらないので、充分適応が可能かと思います。あとはその人の適応能力です。数学や力学の基礎がわかっているのだから、理屈上構造計算する物が変わるだけで力学計算は同じです。景気が悪くて困ったら自分のキャリアを捨てずに、まだ活かす方法を考えると枝は分かれているものです。

    派遣で働こう!おすすめリンク集